Thinking is believing

突然ですが皆さんは「考えること」をどう考えていますか?「考えることは人間だけに与えられた特権だ」と聞いたこともあります。それが正しいか否かはこの際置いておいて。

皆さんご存知の通り(と言うか、自己紹介に書いてありますが)、私は精神障害を患っています。何も起きていないのに悲しくなったり、苦しくなったりします。「自分はなんでこうなんだろう」と考えることも時々ありますが、正直障害なので、仕方ないと割り切っています。人間何かしらの欠落はあります。私はそれが精神だったと言うだけです。

さて本題。私は「考えること」が大好きな種族です。なんでもかんでも考えて楽しんでいます。ただの妄想好きのド変態ですね。それが創作に生きることもありますし、考えて終わることもあります。おかげで、創作メモがかなり溜まっています。いい加減書け、自分。
個人的には「考えるだけなら自由」だと思っています。嫌いな人を殺そうが、苦しませようが、私の頭の中なら自由と言うことです。変態で陰湿とか救いなしですね
私が「趣味は?」と聞かれて一番に挙げるのはパソコン関連です。あとはカメラとか動画とか。ただ、本当の一番の趣味は「考えること」なのかもしれません。それくらい「考えること」が好きです。

ただまぁ欠点がないかと言えばあるんですよね。いわゆる「石橋を叩きすぎて壊す」節があります。行動が保守的なんですよね。ランチは慣れたお店を選びがちですし、服装や持ち物も冒険はしない。なので、新しい風を入れてくれる友人は貴重です。まぁそんな友人居ないですが。
なので、SNS等で「ここがいいよ!」って書き込みを見つけたときは、調べてみて気になるようならGoogleマップにメモするようにしています。おかげさまで、私のGoogleマップはピンだらけ。たまに外出したとき消費しています。ちなみに一番遠いピンは大阪です。行けるのかなぁ。

やりたいことは沢山ある。ただ心と身体がついてこない。なかなか歯がゆい人生です。まぁでも、全て満たされた人生はきっと刺激がなく面白くないと思います。そう考えています。ただの負け惜しみですね。
あとは、謎解き街歩きに参加するのが好きです。脱出ゲームは知らない人と仲良くできないので難しいです。悲しいですね。

ちなみに、タイトルの「Thinking is believing」ですが英語のことわざ「Seeing is believing」(意味:百聞は一見にしかず)をもじっただけです。あと今気づいたのですが、「もじる」って「捩る」って漢字なんですね。てっきり「文字る」かと思っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください