お客様の声

最近は、スーパーなどでも見る機会が減ったように感じます。何の話かって?それは「お客様の声」ボードです。まぁ個人情報やらクレーマーやらあって難しいのかもしれません。私は個人的にあれを読むのが好きなんです。

私が書いているブログ(ここです)にも、一応お客様の声を投稿することはできます。コメント欄のことです。ま、コメントなんて来たことないですが。あ、スパムなら何度も。

他にも、見ている人の動向を探る手段はあります。先程のスーパーの話で言えば、売上とか来店者数(と客層)がこれに当たるでしょうね。

インターネットの世界では「アクセス解析」とか「アナリティクス」とか言われています。このブログでもそのようなアプリケーションを使っています。

でも、そこから見える世界はあくまで「数字」なんです。『昨日3人来た、とか先週より5人減った』とか。なんの味気もない数字です。来た人がどういう感想を持ったとか、どうして来たのかと言うところは読み取れません。(検索した場合はそのワードから分かりますけどね)

毎度おなじみ、長い前置きが終わりまして。前々回前回前前前世と、問題・解答を出しましたよね。あれの答えを投稿したあと、とある方から「答えがわからなかったから感動した!」とTwitterでリプライを貰いました。そんな感じで直接人に褒められることなんて無いですから、私はその方の2倍は感動してしまいました。自分自身を褒められるよりも、拙作を褒められる方が嬉しいんだなぁと思いました。いや、自分自身も褒められたら嬉しいですよ。まぁ褒められる見た目になってから言いましょうね。

そんな訳で、気が向いた時に皆さんの声を聞かせてくださいね。ま、声が届かなかったとしても、私は変わらずブログを書き、140字ショートショートを書き、上弦堂をとるだけですが。あ、上弦堂やらなきゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください