自由

ブログと言えば私なんかは広告を連想する。ここで言う広告は、収益を目的としたもので、宣伝目的のものではないことを最初に区別しておく。
このサイトでは、広告は掲示していない。私の考えとして、見て欲しいのは広告ではなく、私の記事。だから広告はこのサイトにとってノイズでしか無い。これが、投稿時点での私の考えだ。

じゃあ、広告は悪なのか?と問われると、それはノーだと思う。他者がサイトに広告を掲示することには何とも感じない。収益化も大切なことだと思う。理想だけではお腹は満たされない。サーバーを運用するにも、レンタルするにもお金がかかる。なので、『広告を出すことは自由』なんだと思う。

じゃあ、閲覧者は広告を見ないといけないのか?と言う疑問が湧く。これもまたノーだと思う。広告を掲示しているサイトをあえて避けたり、広告ブロッカーなんかを入れるのもありだと思う。ちなみに私もブロッカー使っている。これがとても便利。
私はADHDで、文章を読んでる端で広告が動くと、ついそちらに目が行ってしまう。注意散漫なのだ。これを防ぐ一つが広告ブロックなんだと最近気づいた。『広告を出す自由』がある以上、『広告を見ない自由』もあるはずだ。

『広告を出す自由』と『広告を見ない自由』。このバトルが実に面白い。広告を出しているサイトに広告ブロッカーを付けて行くと「広告ブロックを止めてね!」なんて文言が出るサイトも増えてきた。賢いなぁと思いながらブラウザバックする私。サイトを読まないこともまた私の自由だ。

そんな「広告ブロックを止めてね!」という文言が出るサイトの中で秀逸だったのが「書籍化目指して頑張るので広告ブロックを外してください!」と出すサイトがあった。この文言はズルい。私は広告ブロックを外してこのサイトを閲覧した。
そのサイトで 『広告を出す自由』と『広告を見ない自由』 のいたちごっこに一つの答えを見た気がした。「広告を見る=管理者を応援する」と言うことなのかもしれない。これに気づいた後は、応援したいサイトではあえて広告ブロッカーを外すようになった。

もしこのサイトに広告が載った日には、是非広告を見て欲しい。私も襟を正して、記事を書きます。……んー、でも広告を載せることはないかなぁ。あと、今も一生懸命記事を書いていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください