本当に必要なもの

さてさて、ゴールデンウィーク目前となりましたね。早い人は明日からゴールデンウィークになるでしょう。その一方で、ステイホームを各自治体の首長がアナウンスしています。ニュースでは連日報道されています。そんな世の中に辟易としている方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そんな静かなゴールデンウィークも2年目。今年は全国的にと言う訳では無さそうですね。どこに住んでいても、自分が感染しない・させないことを第一に考えて行動をしましょう。周りは周りです。自分が感染しない・させないを守ればそれで良いんです。他人が遊んでいようが何しようが、それを批判する権利は誰にもないと思います(治療にあたる医療従事者は批判しても良いと思うけど)。自分と自分の大切な人を守る。そのための行動をしましょうね。

一方で、各自治体の首長は人流を抑制することに躍起になっています。まぁ言っていることは分かります。ヒトとヒトの接触が無ければ、感染はしない訳ですからね。ただ、アナウンスしても、外に出る人は外に出るよなぁって思います。そこで、私が人流を抑制するために本当に必要なものをお教えしようと思います。

それは『雨乞い』です。

何が言いたいかと言うと、雨が降ると外出は億劫になりますよね。私は雨が降れば、歩いて三分のコンビニに行くことすら億劫になります。なので人流を抑制するには、雨を降らせることが一番じゃないかと思う訳です。雨乞いって言うのは半ば冗談ですが、各自治体の首長の中には雨のゴールデンウィークを祈る人もいらっしゃるかもしれませんね。

確か昨年は雨のゴールデンウィークでした。今年も週間予報を見るとそんな気配があります。さて、どうなることやら。おっと、私はこれから雨乞いの儀式がありますので、今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください