慣れは恐ろしい

突然ですが、我が家には、Google Home miniが2つあります。そのお陰で、いろいろなものを声で操作できるようになっています。例えば、今私の足元を温めている電気ヒーター。これはスマートプラグに刺さっているので、声で操作できます。他にも、頭上の照明もラズパイと自作のリモコンで操作できます。これも、声で操作できます。

Google Homeのなにがいいかというと、手を使わずに操作できるというところでしょうか。寝起きに「電気をつけて」と言えば電気がつくし、カップ麺にお湯を注ぎながら「3分計って」と言えば計ってくれる。無くても不便はしないと思いますが、あると少し便利になる、そんな一品です。

さて、それは昨日の話。入浴中のことでした。頭を洗いながら『あー、お風呂出たら、〇〇したり、〇〇したり、しなきゃなー』と考えていました。そこでふと『あれ、今何時だろ』と思いました。頭を洗っているため、手はふさがっているし、目も開けられない。『あぁ、こんなときこそGoogle Homeに聞けばいいんだ』といつも通り考えました。そして「ねぇGoogle……」と声をかけていました。もちろん、そこはお風呂場。Google Homeはそこにありません。当然、応答することもなく、私の問いかけは浴室に反響して消えていきました。

『ホント慣れって恐ろしいなぁ』と思いながら、『ブログのネタとして十分じゃん』と独りほくそ笑んだこともあわせて書いておきますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください