旅の手数料

私が初めて一人旅に出たのは高校3年の時。地元福岡から青春18きっぷを使って、大阪・名古屋・横浜・東京と回った。最近、自宅の大掃除をしたときにそのとき使ったきっぷが出てきた。

初めての旅行に使った青春18きっぷ

旅に出ると、その場に居た証を残したいと思うこともあるだろう。私で言えば、このきっぷがまさにそれだ。そういう人の中に「旅先のゆうちょ銀行で10円貯金をする」と言う人が居るらしい。
どういうことかと言うと、ゆうちょ銀行で取引をすると、通帳にそのATMの店番号が印字される。これを旅の足跡とするらしい。らしい、と言うのは昔こういうススメをしているブログを見たので曖昧な表現にしている。
ゆうちょ銀行(郵便局)は全国どこにでもある。だからこそこの方法を思いついたのだろう。実に素晴らしいと思う。

しかし、ゆうちょ銀行は先日こんな発表をした。この中に硬貨預払料金を新設するとある。すなわち、硬貨を伴う取引は手数料が必要になると言うことだ。
前述の貯金をしようとすると、10円の預け入れに別途110円かかることになる。仕方ないとは言え、悲しい気持ちになる。足跡を付けるにも手数料が必要になる時代になったと言うことだ。

ちなみにこのゆうちょ銀行の新制度は2022年1月17日から始まるようだ。足跡貯金以外にも、硬貨貯金をしている方々は要注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください